乳幼児期(0~3歳児) 3

【母の心】

親は誰でも自分の子供が良い子であって欲しいと望みます。

では、よい子とは?

普通、親の言うことを聞き、面倒の掛からない子を
想像しますが、それは、間違いです。

親に手をやかせないような子は、精神状態は決して
健康ではありません。自立的な機能の発達も遅く、
人の指図は守れるけれど、自分で考えて行動する力が
身に付いていない場合が多いのです。

乳幼児期は基礎です。
この時期1番大切なのは信頼関係を築くこと。
方法は、とにかく子供の要求を満たしてあげることです。
それは、子供に安心感と、自信を与え
相手(親)に対する信頼感を育てるのです。

育児をする上で、もっとも大切なことは
子供に、生きていくための自信を持たせてあげること。
それは、親は最大のサポーターであり理解者であるということが
子供に伝わるだけでよいのです。
後はゆっくり待ってあげること。

待つという姿勢は、子供を充分信頼しているという気持ちを
伝えることになるので、親の愛が、子供に1番伝わる方法です。

あとは、ありままの子供を、受け入れること。

自分が全面的に受容されるということは、
ありのままの自分を承認されること。
ありのままを承認されるということは、子供にとって、
ものすごい安心感、それが、自信になるのです。

人生の出来るだけ早い時期に、この安心感を与えられた子供は
その後の子育てが、必ずスムーズにいくはずです。

IMG_1685.jpg


                   ♪ 乳幼児期目次 ♪                        
                            

Template Designed by DW99