子育てのキーポイント(2)

【子供の能力を高める特効薬は】

母性は赤ちゃんを育てる本能です。
お母さんだけを頼りに生命を維持している赤ちゃんに
対し注がれる絶対的育児本能が母性です。

時としてこの母性が子供の成長を妨げるのです。

0歳児の時は自分の分身として揺るぎない自信と
愛情で胸に抱きます。赤ちゃんは母親の絶対的愛に触れ
徐々に人間としての精神を膨らませていくことができます。
母の絶対的愛で、0歳児は愛、信頼、善意を感じ取ります。

ところがこの神聖なる母性は赤ちゃんなら
「神の手」と呼べるほど有益でも
子供が自立(自律)しようと
もの心つきはじめるころに
「魔の手」になってしまうことが多いのです。

母性は直感的に赤ちゃんの欲求や衝動を見抜きますが
成長した子供の精神活動には無頓着なもの。

子供の人格を認めずに母性という本能の目だけで
子供を、ガミガミ叱ってはいませんか?

本能のみの母性はもう捨て
子供の現実の姿とひとりの人間としての
人格を、客観的に把握し認め

どうしたら自由にのびのび生きられるかを
一緒に考えることが求められるのです。

キーポイント(2)
子供の能力を高める特効薬は?


一方通行のガミガミを停止し
子供を大人と同じ人間として
扱いましょう。

目を皿のようにして子供の長所を発見
それを子供にはっきり告げてあげましょう。
決して否定的な言葉を使ってはいけません。



IMG_8521.jpg


                   ♪ 目次に戻る ♪

Template Designed by DW99