親も子も笑顔になれるコーチング

1)我が子をいつくしむ〔愛〕

2)対話の必要性〔聴く〕

3)何を言い出しても、今の我が子を〔認める〕

4)子供は自分で育つ力がある〔信じる〕


コーチングとは相手が自発的に行動することを促すもの

相手の話をよく聴き(傾聴)
その言葉をきちんと受け止め(受容)
行動や考え、発言全てを認め支持する(承認)
これからどうなったらいいのか問う(質問)

本人がなりたい自分になれるようサポートする
コミュニケーションです。

相手の良いところを引き出し、伸ばして上げる作業です。
日常会社組織の中で上司が上手に部下をコーチングする事が
普通に行なわれるようになって来た、昨今ですが
これこそ最大の子育ての武器ではないでしょうか

親が、コーチングを学び子供の、モチベーションが向上すれば
自ら気付き、学び、能力を発揮し、成果を実現できるようになるのです
一方的に教えるのではなく、引き出すのです

ティーチングはできなくても、コーチングはどんな親でもできるのです

コミュニケーションの基本は、双方が信頼しているということです
大きな愛で子供を包むことのできる親ならではのコーチングで
子供のやる気を引き出しましょう

「コーチングと心理カウンセリングの違い」について

1)共通しているのは、どちらも相手の話を聴く事。
2)カウンセリングは治療的な側面を持ち、相手の心理状態が
マイナスからゼロ地点に向かうための治療
 一方コーチングは、ゼロから出発して
理想のプラス方向へ行動するためのサポートです。



Template Designed by DW99