やすらぎの中で育つ心

親が幸福であることが最優先です
やすらぎの中で子供を育てるということは
親自身がやすらいでいなくてはいけません

親であるあなたが
自分自身を信じ愛することが大切です

「ありのままの自分を愛し、信じ、認める」=「自己肯定感」が
笑顔を呼び起こします。

ただ、ここで勘違いをしてはいけない事は
自分を大切に生きようと思うあまり、相手を思いやる心が無くなってしまう事
それでは結局自分もやすらげないのです。

相手を思いやる心を自分が自然に持てた時
自分自身もくつろげるのです。

自分の強みも弱みもきちんと認めて上で
「私には大きな可能性がある」
「私は充実した人生を送ることが出来る」
「ありのままの自分で精一杯生きよう」とまっすぐに思える
自己肯定感があれば、色々な物事を、日々笑顔で迎えることが出来るのです。

笑顔で迎えることが出来れば、ますます可能性が際立って見えてきます
可能性が見えてくると、夢をかなえることが出来ます
ひとつ夢が叶ったらまた笑顔になれます

そして笑顔は周りに伝染します
笑顔がいっぱいの家庭の中で、子供はやすらげるのです。

親の幸せを考えないで、子供の幸せだけを考えても
絶対に子供を幸せにする事は出来ないのです

子供はやすらげる場所を求めています

お父さん、お母さんが、やすらいだ心で
いつも子供を温かいまなざしで見守っていきましょう

親自身が、くつろいで幸せでいないと、もちろん
やすらぎの子育てはできません【続きを読む


IMG_2253.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

Template Designed by DW99