怒り出すと歯止めのきかないお母さん

ちょっと待ってお母さん!

教室に入ってくる前から外で怒鳴り声が聞こえます
何時もの光景
このお母さんは、怒り出すと歯止めが利きません

「お母さん大丈夫ですよ、叱らなくても」と
声をかけると
「つい、言い過ぎちゃうんです」と

分かっていらっしゃるんです、ご自分の悪い癖を

【分かっていても感情が抑えられない】

ときどきいらっしゃるんです、こんなお母さん
自分の中の怒りや衝動を、自分の意思でコントロールできない方

自分の感情や欲求をコントロールする力
自制心が育まれるのは、幼児期3~5歳と言われています。
このお母さんも、幼児期に

「早くしなさい」「何してるの」「ダメでしょ」と口やかましく
いつも叱られ怒鳴られ、けなされ続けて育ってきたのだと思います
そして、今同じ事を、わが子にしている

ちょっと待ってお母さん

ここで、断ち切りましょう
そして良い親子関係築いていきましょう

幼児期は、何度言っても出来なかったり、遅かったりします
でも、親がゆったりと見守ってあげる事がとても大切なんです

何度か失敗した時に「こうするのよ」とやさしく教えてあげて
下さい。「今出来なくても、一人で出来るようになるから、
頑張ってみよう。いつ、できる様になるかは
あなたが自分で決めるのよ」と、
子供に、できるようになる時を決めさせます

子供に「決定権」を与える事が「自律心」をそだてるのです。

お母さん自体が、おそらくかわいそうな育ち方を
してしまったことは、大変気の毒ですが
同じ過ちを繰り返さないよう、お母さんも変わりましょう。

【育ち直し】

大人になってからでも自制心を育てることはできます

人は依存と反抗を繰り返して成長していくもの
今まで誰かに、充分に依存する事ができなかった人は
反抗もできなかったと思います
だから、わが子に八つ当たりをしてしまう結果になるのです

ご主人に悩みを打ち明け、甘え依存する事ができれば
一番良いですが、無理であれば、
どうにもならない感情を、誰かに伝え、聞いてもらう事から
自分の、「育ちなおし」を始めましょう。


良い人間関係を周りに作っていけば、親子関係も
くつろげるものになります。

人間関係に、くつろぎを
見出せない方は、わが子とのスキンシップや
遊びも苦手と感じてしまいます。

心許せる友人との時間を大切にしましょう。
スポーツやお料理のサークルに参加したり
幼稚園の父兄と交友を深めたり


そのうえで、わが子を叱る回数を、減らす努力をして下さい

今日10回だったら明日は8回というように
1歩ずつ
お母さんが乗り越えていきましょう。

DSC_4187.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村



                ♪ いろいろ子育てアドバイス目次 ♪

Template Designed by DW99