スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの与え方どうしていますか?

【ゲームは悩みの種!にならない為の親子コミュニケーション】

先日、お教室は「クリスマスプレゼント」の話でもりあがりました
まだサンタさんを信じている可愛い低学年クラスです
プレゼント希望はほとんどの子供がゲームソフトでした

レッスン終了後は、ご父兄の悩み相談
子供がゲームに没頭して困る・・・
今まで与えないできたけど、結局友達に借りたり
ゲーム目的で友達の家にばかり行く
買い与えないわけにいかなくなった・・・

夜更かしになる
宿題をしなくなる等・・・強制的にゲームの時間を決めても隠れてやったり
反抗したり、親子の関係がうまくいかなくなると言うお母さんもいらして

そこで、コーチングスキルを使って親子ででこんな約束してみたらって
お話しました

参考までに

【一方的に命令されても子供は納得しません】

子供自身にスケジュールを立てさせましょう

「ゲームは楽しいね。1番楽しいのは何分くらいやってるとき?」
「30分位やるとのってくるかなー」
「24時間やるとどうかしら」
「お腹空くし疲れるし飽きちゃうよ、それに眠くなるし無理だよ」
「そうよねー、楽しくなくなっちゃうよねー。1日どのくらいやったら
  ちょうど良いと思うの?」
「最低2時間だな」
「2時間ね。それって何時から何時まで?」
「8時から10時くらいかなー?」
「ゲームの他にやることあるかな?」
「・・・ん~」
「宿題はやった方がいいかな?」
「やらなきゃダメだ」
「ピアノは?」
「・・・すこしやる」
「じゃあ、朝起きてから夜寝るまで1日どう過ごすか、
  予定表立ててみたら?」
「うん そうする」
(ゲームの時間、宿題やピアノの時間を入れた時間割り作成)
「できたよ!」
「朝7時半に起きるのね、朝ご飯食べる時間は大丈夫?」
「ん~、ちょっとキツイネ、7時に起きることにするよ」
(時間割の手直しは一緒にしてあげましょう)
「自分で決めたのね。できるだけこの通りになるように
  お母さんも応援するね。テレビも、ゲームもできるし、
  勉強も面白くなるかもよ。
  10時に寝て、7時に起きるなら一日気持ちよくすごせるね」

有無を言わさず「やりなさい」と命令しても、効果はありません。
たとえば、「早く起きなさい」と強く言えば翌朝は早起きするかも
しれませんが、長続きしないと思います。命令は、一時的に行動を
抑止する効果はあっても、根本的な改善には至らず、子供の本質的な
傾向はそのままになってしまうでしょう。

この、コーチングスキルを使った会話では
どの位ゲームをしたいのか尋ねる事から始

さらに、宿題や、習い事、食事の時間などに目を向けさせ
その時間を含めたスケジュール表を自分で作らせます。
自分で作ったスケジュール表なら納得性が高まり
母親との約束を守ろうという気持ちもおこるでしょう


お母さんの「お母さんも応援するね」が大切な言葉です。
また、本当にこの言葉を、守って子供のスケジュールが
計画通りに進む協力をしましょう。


               ♪ いろいろ子育てアドバイス目次 ♪

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。