待てるお母さんと待てなかったお母さんの5年後

【待つことの大切さ】

私は教室で、一人の子供の成長を10年以上見続ける事が出来ます

生まれ持った星は、やはり個性として強く残っていきますが
お母さんの接し方で、こうも変わっていくものなんだと、納得いくような事が
多くあり、殆どの子供はやはり、母親との信頼関係の強さが、すべての成功へと
つながると確信を持てるようになったこの頃です。

私が教室で初めて出会うのは3~5歳児です
体験レッスンで、ほとんど子供の知能レベルは把握できるようになりましたが
その時点で、笑わない子はまずいません。

レッスンが始まると、1ヶ月後、2カ月後と子供たちの表情が変わっていきます
私は、全員が笑顔になるよういつも必至です(笑)

笑わなくなる子の原因はお母さんの言葉や態度である事が多いです

一生懸命になり過ぎて、ついつい必死になり、
子供にとっては、自分を否定されているような気持ちにさせられてしまう
言動を、知らず知らずに行ってしまっているのです
そんな、お母さんが、子供から笑顔や、やる気をうばっているのです。

子供がやろうとする前に手を出す

間違えるとすぐ訂正する

他の子と比較する

レッスンで習う前に、先を教えようと焦る

お母さんの思い通りにすべてやらせようとする

どれも、わが子思う気持なのですが、ちょっと待ちましょう

子供が、SOSを出したら助けましょう

間違えたら叱らずに、頑張った事を褒めて
励ましましょう

クラスで1番下手でも慌てる必要はないのです

子供は自分で伸びようとする力があるから

園児の頃1番上手に弾けて、Aちゃん上手ねって言われていた子が
(母親が付き添わなくなって、3年目)
3年生になって教室でお母さんの悪口ばかり言うようになり
今でも、達成感を味わえないでいるのです。
お母さんが、全て教えすぎるから・・・
そしていまだに楽譜を読もうとしません、お母さんの手を見て覚えて
弾いているから。選曲もいつもおかあさん・・・
Aちゃんは好きな曲が弾けません。クラスコンサートの日にちを
母親に伝えないでと、私に言います・・・
少しのミスでもゆるしてもらえないそうです

園児の頃、思うように指が動かなくて苦労したBちゃん
お母さんは、いつも笑顔で、どんなにできなくても叱ることなく
本人が、SOSを出すまで、辛抱強く待っていました
3年生になって、何でも自分でできる子になりました
1曲仕上げるのにやっぱり時間はかかりますが
弾けた時の達成感は物凄く、素敵な笑顔は私の心を
温かくしてくれます
そしてお母さんは、コンサートでBちゃんの成長を見て
目に涙を浮かべていました

子供を信頼しましょう
待ちましょう

待つのは本当に大変なこと
教えちゃった方が楽
でも、待つのです
辛抱強く待つのです

小学校2~3年生までに、子供を認め行動を信頼してあげる習慣を作っておけば
自分を信じることのできる強い子供に成長できます



≪本のご紹介≫

職業柄愛おしい生徒のため、また、わが子のために今まで
40冊近く子育てに関する本を読んできました
うんうん、と納得するものや、感心するもの

これは理想論で、まったく現実的ではないと思えるもの
また、あう子、あわない子にはっきり分かれそうな本
まったく納得いかない本などもありました
絶版の本もあります。

すべての中で私が素晴らしいと思えた本の
シリーズ完結本が出ました

さっそく予約購入し読ませていただきました
やはり、この育児書以上のものはないと
確信いたしました。

完結編すばらしいです。
これからお母さんになる方にも是非読んでいただきたい本です
ご紹介いたします

完 子どもへのまなざし
510z5thGNPL__SL100_.jpg


続 子どもへのまなざし
51GS0Q5DANL__SL100_.jpg


子どもへのまなざし
51JHMVF7WVL__SL100_.jpg



               ♪ いろいろ子育てアドバイス目次 ♪

Template Designed by DW99