働くお母さんの苦悩

【働くお母さんの苦悩】

最近は働いているお母さんが父兄にも増えました
土曜日や日曜日の教室が人気です

先日
「先生お子様いらっしゃるの?子供が小さい時も
仕事していたのですか?」と聞かれ

子供を預けてこのまま仕事を続けるかどうか悩んでいると
相談をされました。
彼女は保育園とご主人のお母様に、仕事中は見て頂いている。
お姑さんは、母親と一緒にいる時間が短いのは良くないとおっしゃるらしい。

私は生後2ヶ月から保育園に預けずっと仕事を続けてきました。
そして今思うことは

家庭の事情はさまざま、
昔は「3歳までは母親が育てないと、取り返しがつかない
ことになる」って「3歳児神話」がありましたが
それに、とらわれすぎないほうが良いと思います。

「子供には親と一緒に過ごす一定の時間が必要」と言われますが
私は、実際、大切なのは、時間の量ではなく、中身
ほんの少しの会話しかできなくても
「お母さんは、自分のことを分かってくれている。
いっぱい愛してくれている。」と子供が
思える瞬間がある事が重要だと思います。

淋しい思いをさせるかもしれませんが、気持ちがつながっていれば
成長していく上で、母親が仕事を持っていることは支障にならない。

こんな思いを伝えました
私の考えですが、彼女は少し楽になったようでした
私の目から見て
親子のコミュニケーションの良く取れている
親子です。心配ないなって思いました。

ずっと子供に付きっ切りのお母様で
ん~子育て大丈夫・・・って心配な方もいます。

家庭にはそれぞれの事情があり、できないことはできないのです。
社会的な暗示にかかって、自分を責めたり、心配したりする前に
それぞれの家庭にあった工夫をする事が、子供のために為ると
強く思う私です。

               ♪ いろいろ子育てアドバイス目次 ♪

Template Designed by DW99