我がままと上手に付き合いましょう

【叱るのではなく共感しましょう】

今日は若干私ごとにもなります

姪とお花見に出かけ、姪とその息子のやり取りを見て
姪がまぶしく見える位、立派なお母さんだったので
感動しました。わがままいっぱいの次男の対応が
とても、懸命だったからです。

私のお教室でも、お母さんの言うことを何でも素直に聞く子
教室の雰囲気が悪くなる位わがままを言う子
様々です。

子供がわがままを言った時の対応がとても大切で
その後の成長にも大きくかかわる事を、お母さんは知っておいてください

わがままを言えるということは、自己主張ができるということ
自分の気持ちを伝えようとしている時です
ぜひ、お母さんは、まず「共感」して受け入れてください
そうすると、子供は、自分が受容されていると感じ安心します。
子供のわがままに、悩んでいるママさんが多いと思うので
お話しますね

【我がままに隠れている子供の本音】

「うちの子は一人子だからわがままで…」
「下の子はお父さんが甘やかすからわがままになって…」
「おじいちゃんとおばあちゃんが何でも欲しいもの買ってあげるからわがままになって」
等々

お教室で父兄がよく口にする言葉です

わがままってどんな時に感じますか?
よく考えると
母親(親)にとって「都合の悪いこと」を、すべて
子供の、我がままという言葉で、ひとくくりにしているのではないでしょうか

子供が、今とっている態度の奥にどんな心が潜んでいるのか
「何がそうさせているのか」を見つめるようにすると
叱る回数がうーんと、減ります
母親が、子供に共感してあげれば、叱らずに、子供から
今まで、ぐずって我がままを言っていたのに、引き下がることが多いです
「ママに分かってもらえた」と実感すると、素直になれるのです

そうです、それは、信頼という橋が架けられたからです

ただ、我がままをあっさり許してはいけません
それでは社会性が育ちません

残念ながら、子供の我がままを見て見ぬふりをしている親がいます
これは、困りますね
たとえば、砂場で、友達が遊んでいるおもちゃを、乱暴に横取りして遊ぼうとする我がままです
見て見ぬふりはやめましょう
それと「我慢しなさい」「友達のを取っちゃだめでしょ」と叱っても逆効果です

「これで遊びたかったのね」と子供の気持ちをまず汲み
次に「もし、自分が使っていたオモチャを、友達が横取りしたらどんな気持ち?」
と相手の気持ちや状況を説明し
「使い終わったら貸してね」と頼めば貸してもらえるよと
解決法をきちんと提案するのです。
お互いに、譲り合って一緒に遊べば、喧嘩するより楽しいことを教えましょう

理解できれば、我を通そうとすることは必ず減って行きます。

「これ欲しい」と大泣きするなら、存分に泣かせましょう
一泣きすれば、心の中もすっきりし、気持ちも変わります。
ところが途中で止められると、感情を抑えつけられて、なかなか気持ちを
変えられなくなり、逆効果なんです。

こどもでも、自分を振り返る事が出来ます
欲しかった、という気持ち共感してあげれば
自分を見つめなおす事もでき、次に
「我慢」することも、分かるようになるのです


我がままを、納得して我慢させることは
今後の社会性に欠かせないことです

頭ごなしに叱るのではなく、まずは黙って見守り次に
共感し、解決法を具体的に教えてあげましょう


こちらも参考にして下さい
【子供の発奮を促すには】
【子供のやる気を育てるには】
【子供の自立心自 制心を育てるには】



画像は先日一緒にお花見をした姪と姪の腕白次男坊です
温かく、ほっこり笑顔になれる姿です
穏やかな時間

姪と初めて出会ったのは主人と結婚する前で、まだ3歳位でした
今は2児のお母さんを、とってもしっかりやっています

嬉しいし、感動です、そしていっぱい応援したい

僕は犬だワン せなストライキ1
「僕は犬です…ワンワン」                 只今ストライキ中(笑)
「○○ちゃん、わんちゃんなのね        「みーんな此処にいるから  
   可愛いワンちゃんね」                   ○○ゆくり寝てていいよ」                  

姪には2人の息子がいます、次男はなかなか手ごわい(笑)
決して、頭ごなしに叱らず、やっていることを受け入れ
認めます。そのうち、気が変わって、ママの言う事よく聞く
良い子になっています。あせらないで、見守る事も大切です。

               ♪ いろいろ子育てアドバイス目次 ♪

Template Designed by DW99